代表あいさつ

代表あいさつ

こんにちは。
数ある幼児教室の中から私たちアカデミアキッズのホームページをご覧いただけたこと感謝いたします。ありがとうございます。

私たちアカデミアキッズでは、教育一筋45年、延べ4万人(2013年現在)の生徒さんをお預かりしてきました。様々な教育的アプローチをかけさせて頂いています。
御陰様で長野県に8校、山梨県に2校教室を運営させていただいております。

私たちの願い、思いは付け焼き刃的に勉強ができ、頭がいい子を育てるというだけではなく、芯のある、何事にも肯定的で、心豊かな子にするため、全人格教育を目指し、21世紀で羽ばたくお手伝いをさせていただいております。

現在は幼児教室として活動しておりますが、実は以前学習塾を20年間やっておりました。小学校高学年から高校生が通う塾でした。
塾という立場上色々な生徒さんに通っていただいておりました。

生徒を伸ばすという視点において、常に課題だったのが、出来る子をもっと伸ばし、出来ない子をどのように救うか。そしてこの格差をどう是正していくか!?
というもので、
当時の私たちは、教科書上だけの表面的な知識や詰め込み型の学習法に限界を感じていました。

出来る、出来ないという意識は、能力格差はもちろん、本人の中のやる気、自己肯定感や幼少期の環境が左右しているということが段々と分かってきました。

そんな中分ったのが幼少期の環境により子供の能力は大きく伸びると言う事です。

私達アカデミアキッズは25年以上幼児教育を研究し、実績を積み上げてきました。

そして、研究すればするほど、一般的な学習塾目線しかなかった当時の我々には「目から鱗」の如く色んなことが分かってきました。

子供の脳の素質は、6歳までに9割決定されている。子供の脳は親の遺伝とは無関係で、育った環境が脳力を左右する。子供の脳の働きと大人の脳の働きとでは全く別もの。

等々。

とかく、「子供の能力、性格は幼児期に決定され、6歳までの知的経験が脳の質に刺激を与える!」というのです。

小学校入学までにある程度の能力が決定しているという事に愕然としました。 そして、学力の格差を埋める確かなものだという確信をもとに当時の学習塾の生徒を卒業させつつ幼児教室を始めたのがきっかけでした。

当時まだ今ほど早教育の重要性や存在自体が知られていなかった時代でしたが、 手探りの中試行錯誤してまいりました。単純に幼児教育を掲げるだけでなく、学習塾時代のノウハウを活かしながら、先の先まで目をむける必要性を感じ、生徒達へ教材やプログラムを介して携わってきました。

それから25年が経ち、様々な経験の中から子供達に最良の教育とは何かということを自問自答、日夜研究しながら今日まできました。卒業生や現在通塾されている方々から様々な報告がいただける様になりました。それこそが私たちアカデミアキッズの宝です。

近年幼児教育を受けたスーパーキッズや、超人小学生などがTVを騒がせ話題になっています。しかし、私たちにはそれが本当に本質をしっかり捉えながら皆様にきちんとお伝えできている物かどうか不安な部分もあります。

ある分野において突出した力を身につけることもすばらしいことだとは思いますが、しかし、派手さばかり全面に押しだされ、「うちの子はちょっといいやぁ・・・」と思われてしまうケースは多いのではないかと思います。

その為幼児期の大切さや重要性が伝わりずらく、機を逃し、結果的にお子様方が小学校以降躓き、無駄に苦労してしまう要因がまだまだ改善しきれていないと思っております。

果たして、本物の教育を施せている教室はいったいどれほどあるでしょうか?

単純に幼児期に学習の先取りで、文字を覚えさせ、書かせる。足し算、引き算かけ算などの計算を学習し、受験対策での付け焼き刃、小手先のテクニックだけが幼児教育、早教育ではありません。

私たちが義務教育以降学校で学んだ様なことを単純に与えただけではお子様の優れた素質は形成されません。それどころか、小さいうちから単純な反復的な訓練の計算や書き取りといった平行的アプローチでは、子供にただ負荷をかけるのみで、ストレスになってしまい、勉強嫌いな子供にさせてしまいます。この行為を反復的に行うことが幼児教育の害、つまり勘違いなのです。

ではどうするか??

とうことですが、答えは至ってカンタン!

身体や五感を使いながら、身体をたくさん動かしながら体験、経験の中で学ばせる事。そして遊びの感覚の中で自然と定着させる環境を作ってあげること。

幼児期のお子様の特徴として、頭で考えるよりも、身体をつかって経験のなかで自分の固定概念を変えて行き、学ぶということにつながる様に身体の発達段階がそうさせています。ですから、プリントオンリーの机に向かうだけの方法では、子供達によっては、過度なストレスになってしまい、勉強嫌いになる要因の一つでもあり、いかに楽しく学ぶ環境を用意できるかが重要です。

私たちのプログラムは月齢に合わせて、お子様の身体的発達段階、さらに脳構造を基にプログラムを構成させています。

よく「そんな早いうちから勉強なんてさせなくていい!!幼児期は外で遊んでいれば十分だ!!」とおっしゃられる祖父母様がいらっしゃいます。おっしゃられる通りです。

しかし、その場合の勉強は先程お話しした、知識詰め込み、訓練やすり込み学習の場合です。ですから遊びの感覚の中で自然と能力、脳力を身につけるのです。

本来子供は遊びの中から様々なことを学び、経験の中で定着させてきました。 しかし、現在の子供達が本当の意味での遊びが出来ているかは定かではありません。祖父母様の時代は全てが学びの場でした。田んぼに行けばメダカやドジョウがいっぱいいるといった環境があったからこそ。

また家族形態も今よりもずっと複雑で大人数の拡大家族の中で何世帯も一緒に生活していた為、日々色んな人から話しかけられ刺激を受けていました。 では今はというと。核家族化が進み、さらに少子化により兄弟関係も少ないという環境の中で与えられる言葉の数は激減しています。

そんな異なった環境下に於いて比較し、今と昔を当てはめること自体が間違いなのです。

ユダヤの諺でこんなものがあります。

子どもに自分が受けた教育を押し付けてはならない その子は違う時代に生まれたのだから

Don't limit a child to your own learning, for he was born in another time.

お子様にはそれぞれ個性があります。まずは、沢山の情報を収集し吟味してください。その中でどの教育がお子様に一番合っているのか、または可能性を広げられるものなのかをしっかりと見極めてください。

そこでお願いがあります。

是非私どもアカデミアキッズもその検討するお教室の一つに候補として加えていただけないでしょうか?

情報は沢山持っている事に限ります。しかし、持ちすぎて何が正しいのか判断を誤っても本末転倒。私どもアカデミアキッズでは、教室での内容から始まり、脳理論、成長過程でのアドバイスそして、子育て、脳力開発のコツ等、色んなお話を説明会でさせていただいております。 決して頂いたお時間を無駄には致しません。1つでも、2つでも納得していただける内容であると自負しております。 お子様の現状をご相談いただいても結構です。また、強引に勧誘するようなことは一切致しません。また、最後になりますが、一人でも多くの方に幼児期の大切さを知ってほしいとの思いから、より通いやすい金額で2014年より教室をリニューアル致しました。お気軽に説明会、無料体験をお受けいただき、判断していただければと思います。

幼児
お子様が生まれながらにして持っている高い能力や無限の可能性を引き出します。
【対象年齢】0~6歳
コース
何事にも前向きに肯定的に捉えることができるお子様を育てていきます。
【対象年齢】小学1年生~中学生

ページの先頭へ

お問い合わせ

info

心を育てる幼児教室
アカデミアキッズ
(百瀬幼児教室)
本社〒394-0084
長野県岡谷市長地片間町1-8-12
TEL:0266-75-0096
【開校時間】9:30~17:30
(コースにより異なります)